脱毛と豆知識

毛がコンプレックス1

投稿日:2020年1月8日 更新日:

こんにちは脱毛戦士です。

私のサロンに来る脱毛男子によくこう質問しています。

「なぜ脱毛しようと思ったのですか?」

大体の脱毛男子の答えはこうです。

「コンプレックスがあるから」

このコンプレックス、人により様々ですが毛に対するコンプレックスがある男性は結構多いと思います。

私も昔は体毛がとてもコンプレックスでした。

髭が濃くなってきたのは確か17歳くらいだったかと記憶しています。

その頃はまだ生え始めだったので毎日なんて剃っていませんでしたが同級生で早い人はすでに真っ青な人がいました。

成長期だったので身体のいたるところの毛が濃くなってきていたので毛をなくす方法をいつも考えていました。

毛があることが恥ずかしくてお小遣いやバイトの給料を貯めては雑誌の広告にある脱毛テープや脱色剤などを買っていました。また当時の脱毛系通信販売商品は「毛が無くなる」とか「使った人の体験談」を謳っていましたのでそれをそのまま信じて買っていました。

無知なのでこんな脱毛手段じゃまた生えてくるに決まっています。売り手の販売戦略にまんまと引っかかっていたワケですね。

脱毛テープは剥がすとき痛いので自分では出来ずに挫折。脱色剤は毛が目立たなくなるけど後々長くなってしまいプリン状態のツートンカラーになる。

今のように家庭用脱毛器「ケノン」なんて上等品物は売ってなかったし、似たような品があったと思いますが当時の私のお小遣いでは到底買えません。

仕方なくお風呂でシェービングして乗り切っていました。

一番嫌だったのが体育授業。自分のスネ毛をさらけ出すのが恥ずかしくて体育の授業を休むこともありました。

「僕の体毛の中に主みたいな毛があってそれを根こそぎ抜けば縫った後の糸のようにスルスルと毛が抜けていけば良いのに」とバカなことも考えていました。

今となっては過去の自分はなんであんなに毛にコンプレックスがあったのか不思議でたまりませんが当時の自分はコンプレックスと戦うのに必死だったんですね。

今はどうしているかというと昔のコンプレックスは何処へやら。体毛はトリミングするくらいです。

毛がコンプレックス2にて「サロン通い出来ない方へ」説明しています。私がおすすめする家庭用脱毛器はこちらです。

髭は根気が必要

さて、今回の本題に入りましょう。

先日こんなツイートをしました。

脱毛男子が一番要らない毛、それが「髭」です。

毎朝剃るのが面倒だし、夕方には真っ青になってしまう。カミソリ負けもするし午後になれば生えてきちゃう。電気シェーバをバッグに出勤する人もいるのだとか。

痛みに耐えられない医療脱毛

髭脱毛するならクリニックの医療脱毛がぶっちゃけおススメです。しかし医療脱毛の痛いこと。私は昔クリニックでの髭脱毛モニターで経験した事がありますが飛び上がるほど痛く施術終了後のゴーグルの中には涙が溜まっていました。(笑)

サロンの光脱毛は医療脱毛に比べてエネルギーが小さいので受け易いと他の記事でも述べていますが、脱毛効果が無いわけではありません。エネルギーが低い分サロンに通う時間が長くなります。

エネルギーが小さいということは、

それほど痛くないだろう

と思う人が居ると思いますがそれは間違えでサロンの光脱毛でも相当痛いと思ってください。



SHRは髭脱毛に適さない

顔は面積が無い分連続打ちが困難です。SHR脱毛器は連射をして毛包を温めて脱毛効果を発揮します。

この連射というのは一カ所だけを連射するのではなく約20センチ間隔で皮膚の上を往復させて連射します。ですのでSHR機材を取り扱うサロンでもIPL方式(単発式)で髭脱毛の施術をするという認識でいるはずです。このIPL脱毛は医療レーザーより少し熱エネルギーを弱くした方法ですのでそれでも飛び上がるほど痛いワケです。

古いIPL脱毛器は冷却装置が付いてない

IPLは結構前から使われている脱毛器で、最近のIPL脱毛器は皮膚に充てるクリスタル部分が冷える冷却装置が付いています。ですので昔の機械を使っているサロンは氷を皮膚に充てた後に照射を繰り返します。冷却して皮膚を少し麻痺させて照射することで痛みを軽減できるのです。

痛みを抑えて髭の光脱毛をするには

結論としては二つあります。

冷却装置付きのIPLと氷を併用する。

氷を当てた後に照射する行為を冷却装置の備わった機材で施術できればもっと痛みが軽減します。

SHRを使用する

SHRは一カ所だけ連射したら火傷しますが火傷する前で連射を止める方法です。これはかなりのテクニックが必要としますので信頼できるセラピストにお願いしてみてください。ただ、SHRも光脱毛ですので痛みは少なからずともありますことをお忘れなく。

何故SHRなのに痛いのか

SHRは連射して毛包を温めて毛を生えにくくします。しかしSHRも光脱毛です。光は熱エネルギーで黒色に熱エネルギーが集中します。男性の濃い髭は密集率が高く真っ黒状態です。そこに光を照射しますので痛み(熱さ)を伴う訳です。

避けたい色素沈着

毎日毛を剃ることで肌を刺激してしまい皮膚の傷つけて厚い皮膚になり黒ずんできます。

「またずれ」って聞いたことないでしょうか?擦れて黒くなる。まさしく皮膚の色素沈着です。

色素沈着を起こすと医療レーザーやIPL脱毛が受けにくくなりますので注意が必要です。

SHR脱毛は波長を変えることにより簡単にかつ安全に施術を行うことが出来るのです。

頑張れ脱毛男子!

-脱毛と豆知識
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蓄熱式脱毛法(SHR)を選ぶワケ

医療脱毛、光脱毛は基本、痛みを伴います。 綺麗になるには痛みは「付き物」なのでしょうか。 顔や身体の整形だってかなりの痛みを我慢して綺麗になります。 痛みを克服出来るのはその先に綺麗になった将来の自分 …

【光脱毛Q&A】脱毛を一歩踏み出せない脱毛男子へ

皆さんこんにちは脱毛戦士です。 脱毛をしよう!とネット検索しているとサロンやクリニックで実際行われている脱毛法が色々ありすぎて、一体どの脱毛器を選べば良いのか。と悩んでしまいます。 この投稿ではいまい …

知識のあるスタッフに担当してもらう

脱毛をしようと思われている人は脱毛の種類やサロン選びで悩み、なかなか一歩先に進まないことでしょう。「光脱毛はすぐ生える」「サロンの光脱毛より医療レーザーがよいがとても痛い」などという記事を見つけてしま …

医療脱毛とサロン脱毛

こんにちは脱毛戦士です。 今回は脱毛サロンをどこにしようか悩む脱毛男子に、 「医療脱毛とサロン脱毛」の違いを投稿したいと思います。 すでに脱毛男子の皆さんはこの二つの違いを色々と検索されていると思いま …

【光脱毛初回版】脇から試そう!

こんにちは、脱毛戦士です。 今回は光をするか迷われてる脱毛男子の背中を少し押すような投稿をします。 毛の悩みは多くの人が持っています。 私のサロンでも多くの脱毛男子が訪れます。 いざ光脱毛する決意がつ …

プロフィール

【Kaz Kimura】
脱毛、リラクゼーションサロンのオーナー。

アメリカ語学留学後2004年に沖縄移住を開始「アラ・リラクゼーション」を経営。毛に悩むアメリカンとオキナワン男子の毛と闘う学びの毎日。脱毛にいまいち踏み出せない脱毛男子へ向けて脱毛のノウハウを配信します。また沖縄移住の魅力や住みやすい街など紹介。2020年、SFC修行開始したことから沖縄県民に人気のお店、OKAタッチの際に行ける那覇空港周辺のおすすめ店などをご案内できればと思っています。