沖縄 老後

【沖縄移住を目指す】住みやすい地域を考える

投稿日:

皆さんこんにちは脱毛戦士です。
沖縄移住を将来考えている方に2020年度現在での住みやすい街情報を私「脱毛戦士」独自の目線からお伝えしてみようと思います。沖縄移住希望者が沖縄に来る前にインターネットの不動産情報をただけで土地付き一戸建てやマンションを購入することは稀なようですが中にはそういう方もいるようです。実際の土地に行ったり物件を見ないで決めるなんて私にはできませんが、不動産は取ったもの勝ち。ぐずぐずしていたら先手を取られてしまいます。

でも大体がまずはアパートに入り色々な地に出向き感じ将来自分が住むべき場所を探す方が殆どのようです。

私が考える沖縄移住の条件は、
1、沖縄を満喫できる地域
2、空港からのアクセス
3、住まいの徒歩圏内に商業施設や公共機関がある
の3つを主として考えます。

沖縄を満喫できる地域

住宅の密集する場所

 まず考えることは「オーシャンビューの部屋でいつでも綺麗な海が見えるところに住みたい」という事です。確かに沖縄の海の綺麗さには毎回感動しますね。この海がいつでも見られる部屋に住むなんて最高です。でも、ちょっと待ってください。沖縄で育ったウチなーんちゅは海岸沿いまたは丘の上の海が見渡せる家に住んでいないのです。さてそれは何故でしょうか?はい、台風と塩害です。海岸沿いに家を持つといつも窓は潮風でギラギラ。塩害で車やエアコンの室外機はすぐに錆て壊れます。
だったら丘の上に住んだら良いと思いますね?丘の上は風をもろ受けますので風の強い日は洗濯物が外に出せず潮風でベタベタ。台風の日はサッシの隙間から豪雨が入り家の中までびっしょり。せっかく住んだオーシャンビューは毎日感動するものの、3か月も住めば当たり前になります。まあ時々眺めて沖縄移住を実感できるのは良いですけどね。またオーシャンビュー物件は移住者や米軍人に人気が高くアパートも土地もびっくり価格です。ウチなーんちゅが多くいる内地域に住むのが一番のおススメです。昔から住んでいる人達は色々な地域の情報を持っているので近所の方々と上手に付き合い情報を入れながらの生活が一番と考えます。

わりと新しい集落に住む

 地域を周ると古民家が沢山あります。古民家に住む高齢者は優しいオジーオバーが住んでいますが私がおすすめするのは新しめの家がある集落です。大変だった戦後を生きた高齢者は優しいですが中には他県からの移住者を好まない人たちもいます。新しめの家に住む若い世代はとても社交的で付き合い安いのではないでしょうか。また古い集落のそばに新しい集落が出来ることが多く新しい地には商業施設も新たに出来る可能性もあるので将来的にはより住みやすくなるはずです。

海の近い集落に住む

せっかく沖縄移住を夢見たワケですから海が近くにあればいつでも沖縄移住を実感できるでしょう。
朝の散歩や夜に波の音を聞きに行くのも良いですね。ビーチパーティーする県民もたくさん見かける事でしょう。

沖縄の文化に触れる地域に住む

 沖縄芸能は沢山ありますが代表的なのは沖縄三味線とエイサーですね。エイサーが盛んなのは本島で言うと中部地域です。その中でも更に盛んな地域は沖縄市とうるま市です。夏の旧盆になるとエイサーの掛け声と太鼓、沖縄三味線の音色が町中に響きます。そして「道ジュネー」と言う先祖供養のために行う行事で大きな声を掛け合いながら太鼓鳴らして集落を練り歩きます。

空港からのアクセス

本土に親戚や知り合いがいる限り沖縄移住をしても飛行機に乗る機会は増えるのでは無いでしょうか?沖縄本島に住むのでしたら那覇空港にアクセスの良い地域に住みたいものです。かといって移住条件1を考えれば那覇市に住むのは考えものですね。
日帰りや一泊で本土へ行くのでしたら車を使って空港駐車場を使うことが出来ますが長期となれば駐車場料金もかかるので家に車を置いて空港へ行きたいものです。交通手段を考えての住みよい地域はどこでしょうか。

モノレール駅付近に住む

今では浦添市まで延長されたモノレール。那覇市に住めば空港へ行く為の交通機関はすべてそろっていますし何よりもタクシーに乗ってすぐ行けます。国際通り付近では観光客が沢山いる為に沖縄三味線の音色や沖縄民謡はあちらこちらから聞こえて来ますし公設市場へ行けば沖縄を実感できます。しかしこれらはあくまでも観光客へのビジネスアピールです。那覇市で唯一の波の上ビーチもありますが綺麗な沖縄の海を満喫するには少し物足りないビーチですね。那覇市には何でもありますので住むには非常に便利な街です。私も最初の移住スタートは那覇市でした。しかし何年かすると「沖縄を満喫したくて移住したのに那覇市で良いのかな?」と思うようになりました。

空港リムジンバスのりばの近い地域に住む

沖縄にはたくさんのリゾートホテルがあります。そのリゾートホテル経由で空港行きのリムジンバスを利用し空港へ行く事が可能です。このリムジンバスはホテル宿泊者でなくてもホテルの受付カウンターでチケットを購入し利用出来るのです。

高速道路を走るバス停近くに住む

沖縄の高速道路を走るとところどころにバス停を見かけます。電車の無い沖縄は遠くから那覇へ向かう人用に遠くからでも早く行くことが出来る高速バスの停留所が高速道路上にあるのです。これらの停留所へは近くの市道や県道から歩きで入ることが出来ます。そしてほとんどのバスが那覇空港行きです。

高速船利用で船着き場の近くに住む

あまり知られていませんが高速船を使って那覇へ行くことが出来ます。本部港-恩納村-北谷町-那覇港を結んでいます。那覇港からは徒歩でモノレール旭橋駅まで行き空港を目指します。私の投稿でも紹介していますので参考にしてください。

将来の沖縄鉄道事業を参考に駅周辺に住む

何年先になるのかはわかりませんが沖縄では今鉄道計画をしています。那覇市から名護市までのルートでいくつかのルート案から検討されています。

住まいの徒歩圏内に商業施設や公共機関がある

老後を考えてスローライフを送るには家の徒歩圏内に商業施設があるところを探します。

スーパーマーケット、洋品店、靴店、コンビニエンスストア

沖縄スローライフとはいえ、人の住まないところに付近に商業施設はありません。車に乗って時間かけて買い物するよりも近くに商業施設がある方が住みやすいと思います。前にも述べましたが新しい家が建つ街には新たな商業施設が出来る可能性もありますので更に便利になりかつ時価もあがりますね。

銀行、郵便局

近くにあると何かと便利です。沖縄移住すると親戚や兄弟に沖縄のものを送ったり、銀行も買い物ついでに立ち寄ったりできます。

役所、図書館

住んでいれば何かと役所に行くことも増えますし、図書館で静かに本を読んだりその地の郷土や歴史の本などを読んで自分が住んでいる地の過去の歴史などを知るのも良いですね。

体育館、スポーツジム、プール

市が経営するスポーツ施設など、あると安い使用料で利用できます。民間経営の大型スポーツジムなどが近所にあると毎日入るお風呂をここで済ませたりと家で入らなくて良いのでお風呂の掃除も必要なくなります。私はスポーツ施設が家から遠いと行くのが面倒になる性格なのでこれはマストです。

いかがでしたでしょうか?
今ねらい目の土地付き一戸建て地域や住みやすい地域情報なども今後どんどん投稿する予定ですのでお楽しみに。

-沖縄, 老後
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

沖縄のドンキ「ビッグワン」

こんにちは、脱毛戦士です。 2012年沖縄県宜野湾市にドンキホーテ1号店がオープンしました。それまでは沖縄のドンキといえば「ビッグワン」でした。店内は所狭しと楽しい商品が並び沖縄県民の見ているだけでも …

那覇市国際通り沿いマッサージ「オストラク」

こんにちは脱毛戦士です。 飛行機に乗ったり旅行の時など、その地のマッサージを体験してみようと思うのは私だけでしょうか?ネット検索して上手なマッサージ屋を探すのですが沢山ありすぎて何処にしようか迷ってし …

【沖縄移住】沖縄移住をお考えの皆さまへ

皆さんこんにちは、脱毛戦士です。 この投稿では沖縄移住をテーマに私が経験した沖縄移住の計画から実際の体験談をお話したいと思います。将来沖縄移住をお考えの皆さんの力に少しでもなれればうれしく思います。 …

那覇市、大盛り喫茶店「くりすたる」

皆さん、こんにちは脱毛戦士です。 沖縄には食べ放題や大盛で有名なお店など食べるのが大好きな方にはワクワクするような食べ物屋さんが沢山あります。今回は那覇市にあります「喫茶店くりすたる」を紹介いたします …

沖縄に来たら一度は食べて!「沖縄ぜんざい」パート1

こんにちは脱毛戦士です。 今回の投稿は沖縄で愛され続けている「沖縄ぜんざい」をテーマにお送りしたいと思います。 関東で生まれ育った私にとって「おしるこ」は好物のひとつ。祝い事の時や正月になれば母が作る …

プロフィール

【Kaz Kimura】
脱毛、リラクゼーションサロンのオーナー。

アメリカ語学留学後2004年に沖縄移住を開始「アラ・リラクゼーション」を経営。毛に悩むアメリカンとオキナワン男子の毛と闘う学びの毎日。脱毛にいまいち踏み出せない脱毛男子へ向けて脱毛のノウハウを配信します。また沖縄移住の魅力や住みやすい街など紹介。2020年、SFC修行開始したことから沖縄県民に人気のお店、OKAタッチの際に行ける那覇空港周辺のおすすめ店などをご案内できればと思っています。